2016
03.12

ロザリオの旅

Category: ガラスetc
花粉も飛んで大変な季節になりましたね!
お久しぶりです。

やっぱり 慌ただしく毎日を送っております。
この状態は もう当たり前の生活になってしまった感があります。💦

先日 久しぶりに遠くまでお出掛けをいたしました。
ずいぶん前から気になっていた所に行って来ました。
そこは五島列島!



通常の交通では乗り継ぎに時間がかかり 思うように見て歩くには日数が必要であったり
飛行機 船 レンタカーと上手に行程を組まないと煩雑であったり…!
いつかは行ってみようと思う地でありました。

ザビエルのキリスト教布教の頃 小さな教会がたくさん建ち 其々にステンドグラスの窓が設えてあるということでした。

長崎のステンドグラスの先生が修復を一手に引き受けていらして
以前交流のあった時に そのお話を伺った事があり  ずっと気にかかっていたのです。

主人が時間をかけずに回れる 私に ぴったりのツアーを見つけてくれて…惹かれるように参加を決めておりました。






チャーター便でいきなり五島列島の福江島に降り立ち
あとはバスや フェリーも都合よく組まれていて  時間のロスも少なく回れるという 代物!

自由な時間やゆっくり留まる時間はは少ないと思われますが
短期間で回れるのですから リスクは仕方ありませんね!

県営名古屋空港からFDAは初体験!
この空港は我が家から とっても近いので 便利!!







教会はこの狭い地域に29棟もあるのだそうです。
隠れキリシタンの歴史も思い出されます。

目的がステンドグラス見学なので 施設の内容は さらぁ~と済ませ
短い滞在時間の割には たっぷり見ることができました。

教会内部は撮影禁止なので撮ることはできませんでしたが…日本の木工技術の素晴らしさ!を感じました。

ガラスを支えているのは 指物師さんというか建具屋さんが作るような細工の木の枠!
面取りも細やかに施されていたりします。

ガラスはは単色で赤 青 緑が基本色で現在使われているような優美な物ではありませんが
当時としては 手に入りにくい物であったろうと思います。




修復できたものは やはり金属のフレームになっていました。  外からちょっと失礼いたしました。

泊りも 素敵なホテル 美味しいお食事…









こんな朝食のアフターは ビックリポン!💦



パンケーキ フレンチトースト ヨーグルトetc…
飲み物もetc…

なんでも 何個でも!どうぞ!と言われても 既に お腹いっぱい!

でしたが  やっぱり もちろん 当然 いただきましたよ!

古いステンドグラスから多くの事を学び ちょっぴり研修できました。
忙しい旅でしたが とっても満腹な旅となりました。

帰りは悪天候の為 残りのツアーは中止となり
動いている交通機関も少なく やっとの思いで…帰ってきました!(添乗員さん 大変でしたね お疲れ様でした。💦)
Comment:0  Trackback:0
2015
10.21

ヒョウ柄のお皿

Category: ガラスetc
大阪のおばちゃんはヒョウ柄のアイテムを身につけている…
とよく耳にしますが!
大阪を訪ねて???

ショッピングエリアをあまり歩かず
目的地へ一直線でしたので
目にする事はありませんでした。

秋冬物の商品展示に
動物柄ってよく使われると思いませんか?
ハラコのパンプスやスカーフ etc

ワンポイントに小粋な感じが 私は好きです。

今回のアメリカワークショップで
ヒョウ柄に近い出来上がりとなる素材がありました。

未発売のそのガラス…
銀箔との化学反応の結果なのですが!

20151021082813cfb.jpg

テストピースですが
使えると思いませんか?

大阪のおばちゃんでなくても
ちょっと 気になりませんか?
こんな感じのお皿があったら
人目を引く食卓になる事 間違いなしですよね!

でも 残念ながら
この反応の出来るガラスを手にするのは
早くても 今年の年末くらい…

問屋さんでは 通常入荷の予定無し との事でしたから
特別に仕入れをお願いして帰って来た次第です。
ヒョウ柄のお皿を作りたい!

待ち遠しいわぁ …*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*

Comment:0  Trackback:0
2015
10.17

久しぶりの大阪

Category: ガラスetc
いつもお世話になっている 奈良 生駒のO先生が
大阪 堺のギャラリーで個展を開かれているので伺ってきました。
東京方面には出かける事は多いのですが
西に向かって 出掛ける事は少なく
久しぶりの大阪でした。
関西弁が飛び交っているはずなのに…
中国語と韓国語で溢れかえっていました。
この現象は 日本全国なんでしょうか?
堺駅に近いこのギャラリー
商店街の中にあり…
フラッと気楽に入れるような感じでした。
O先生は10年程前から ガラスフュージングに魅せられて
今や 日本では右に出る者はいない程の活動をされているのです。
クリアーガラスの上に色ガラスのパウダーを乗せては
電気炉で焼成をする工程を何度も繰り返し…
おまけに それらのベースも自ら鉄で制作!
素敵な作品の数々でした。
20151017175416cef.jpg
そして DMにも載った メイン作品はこれ ↓
20151017175416512.jpg
手の込んだ 繊細な作品でした。
私も作りたいモードになってきました。
Comment:0  Trackback:0
2015
10.17

久しぶりの大阪

Category: ガラスetc
いつもお世話になっている 奈良 生駒のO先生が
大阪 堺のギャラリーで個展を開かれているので伺ってきました。

東京方面には出かける事は多いのですが
西に向かって 出掛ける事は少なく
久しぶりの大阪でした。

関西弁が飛び交っているはずなのに…
中国語と韓国語で溢れかえっていました。
この現象は 日本全国なんでしょうか?

堺駅に近いこのギャラリー
商店街の中にあり…
フラッと気楽に入れるような感じでした。

O先生は10年程前から ガラスフュージングに魅せられて
今や 日本では右に出る者はいない程の活動をされているのです。

クリアーガラスの上に色ガラスのパウダーを乗せては
電気炉で焼成をする工程を何度も繰り返し…
おまけに それらのベースも自ら鉄で制作!
素敵な作品の数々でした。

20151017175416cef.jpg

そして DMにも載った メイン作品はこれ ↓

20151017175416512.jpg

手の込んだ 繊細な作品でした。

私も作りたいモードになってきました。
Comment:0  Trackback:0
2015
09.23

手始めに…

Category: ガラスetc
ワークショップがいよいよ始まります。
何を課題にされるか ワクワクする この始まり…

大きなファクトリーの一角にあるレクチャールームです。
この作業台の列が2つ 8名の参加者 です。

201509230951131ae.jpg

我がアトリエでは対面で4人作業できるような作業台を独り占め!

今回は半数の方が初参加の為 先ずは工場見学!

工場の内部は撮影禁止の為 世界各国に発送される
ガラスのストックヤードをご覧いただきましょう!

20150923095113b8b.jpg

201509230951133a7.jpg

各国の総代理店の営業担当か著名な作家さんのみが入ってガラスを選べるエリアです。
定番のコーナーの他に オーダーされた個性豊かなガラスの数々…
こんな棚が迷子になりそうな程 並んでいます。

工場内は ガラスの色を出す為の 鉱物の調合エリア
大きな炉を使って 製造エリア
検品するブース …

防護メガネ着用
もちろん 肌の露出の少ない服装が求められます。

日本ではステンドグラス用の製品を作る
この様な会社や施設はありませんので
遠く出掛けた者のみが見学できるのです。

ガラスは鉱物を溶かして製造する為
工場内はとても暑く その中で 作業している方達の姿をみると
手にするガラスは大切に使わなくっちゃ!と
いつも思わされます。
暑さに弱い私には 選べないお仕事なんです💦

見学終了後 いよいよ始まり…

フュージンクは正確なカット技術が求められます。
ステンドグラスのように 研磨して合わせる事はできません!💦
研磨した部分は白濁してしまうからなんです。

20150923095113412.jpg


201509230951138d0.jpg

今回はサークルカットの際に 色を替えるテクニックをご披露頂きました。
2015092017233802d.jpg

この技術を使って直径25cm程の丸皿を作る事になりました。
Comment:0  Trackback:0
back-to-top